どーもです。

ダンロップスポーツ「XXIO」シリーズのニューモデル「XXIO X(エックス)」シリーズですが、今日紹介するのはFWです。ドライバーではなぜか芯食いショットを得られず、ボール半分ほどヒールヒットばかりでした。にもかかわらず、ドロー系の出球だったのと、スカイトラックデータ的には240yをマーク。はからずとも、ミスヒット時の寛容性の高さを実感した次第です。果たしてこのFWでは芯を食うのか!? それとも、同じような結果になってしまうのでしょうか? いってみましょう。

まずは見た目から。

ドライバーのデザインを踏襲していますが、まあ、これは当然ですな!

フェースはシャロー。FWは意外にも本筋ラインに近そうなフェースでしたが、この原稿を書いている段階ではまだその本筋ライン(XXIO11)と比較できていないので・・・

ボディはシャローで、ストレッチバックでした。ドライバーはややコンパクト気味に見えたのですが、FWは後部に長い形状になっていました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。何気にいい顔ですね~! 嫌いじゃないかも!! クラウンの大きさや顔の見え方とか、なんか良い感じ!!

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Miyazaki AX-1」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58度、長さ43インチ、総重量305g、バランスD1。ヘッド体積192cm3。シャフトスペックは、重量47g、トルク5.0、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップも気持ち細めでした。シャフトを手でしならせてみると、ドライバー同様わりとしっかり感があります。この辺にはボクら世代をターゲットにしたという意識をしっかり感じましね。しなりポイントはちょうど真ん中あたりです。ワッグルしてみると、ドライバーほどヘッドが動くイメージはなく、素振りしてみると振り心地は良い感じでした。

実際に打ってみると、最初の1球目は芯を食った感覚でした!! でも、その後はドライバー同様、芯を外しているような感じだったので、またもや打点マークシール登場。打点を確認すると、やはり気持ちヒール側上部に外していました。ぶっちゃけ、明確な理由が分かりません!! クラブとボクのスイングの相性としかいいようがありません。挙動的には、ドライバーに比べればヘッドが動くイメージは少なく、捻れ感やヨレ感なしでシャープに振れるイメージですが、そのわりにはなぜかジャストミートしないんです。トゥダウンを疑ってヒールよりに構えて振ってみても結局ヒール側に外れるし、ならばとトゥ側に構えて打ってみても、スイングで調整しているのか、結局ヒール側に外れていました。ん~!! なぜなんだろう・・・。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.6m/s、初速59.2m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量3049.4rpm、サイドスピン-352.1rpm、飛距離234.2y
【ベスト】
HS42.9m/s、初速59.5m/s、打ち出し角16.5度、バックスピン量2846.7rpm、サイドスピン-244.6pm、飛距離238.6y

打感は弾き系。って、結局最初の1球しか芯を食ってないんですけどね(汗) その1球も弾き系でした。球離れがやや速めに感じました。音も高めでしたね。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道です。球は上がりやすいと思います。この動画の弾道はほぼストレートですよね!! 芯食いショットじゃなくても、こんな球が打てるなら、これはこれでアリかなって・・・w 芯を食ったときが気になるけど!

出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレートから軽いドロー。つかまりは程よい感じですね。つかまるけど、決してつかまりすぎないイメージでした。

シャフトフィーリングおよび振り感ですが、ドライバーよりもシャープに感じました。ドライバーよりも短いということもあるかもしれませんが、先端剛性が気持ち上がっていたようにも感じました。その分シャープに振れるイメージでしたが、そのわりには芯を食わないという矛盾。これはもうボクのスイングとの相性なんでしょうね・・・

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/s辺りにオススメです。ドライバーよりもシャープに振れるイメージですが、いかんせん芯を食っていないので、ドライバーに続きこのFWも本来持つ性能を体感しきれていません。ですが、ミスヒットに対する寛容性の高さは体験できました。そういう意味では、ボクら世代でHSが合えば、スイング、持ち球的にはある程度受け入れ間口が広めのモデルだと思います。なんだか中途半端なレポートになっているようには気もしますが・・・。大丈夫ですかね!?

<ダンロップスポーツ「XXIO X(エックス)」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:7▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=マレージング綱 フェース=HT1770M
■ロフトバリエーション:3W=15度、4W=16.5度、5W=18度、7W=20度
■シャフト(重量/トルク/調子):「Miyazaki AX-1」(S=47g/5.0、SR=44g/5.1、R=43g/5.2/中調子)
■価格:各1本5万3000円+税