どーもです。

今日紹介するのは、キャロウェイ「エピックフラッシュ サブゼロ」ドライバーです。「ローグ」シリーズのサブゼロドライバーはなんとか打てましたが、 「GBBエピック サブゼロ」ドライバーは惨敗の記憶があります。果たして、今回の「エピックフラッシュ サブゼロ」はボクでも打てるモデルなのでしょうか。その辺もしっかりレポートできればと思います。

まずは見た目から。

「GBBエピック サブゼロ」は「ペリメーティブ・ウエィティング」は採用されていませんでしたが、「エピックフラッシュ サブゼロ」では採用ですね。「同スター」との違いは、ヘッド形状もですが、フェース後方にウエートが装着されていること。これは確実により浅重心化を意識してでしょうね。

フェースですが、なんか小振りなディープフェースになっていたように感じました。形状も「GBBエピック サブゼロ」はもちろん「エピックフラッシュ スター」とも別モノでした。

ボディですが、意外にも「エピックフラッシュ スター」とほぼ同じように見えました。「GBBエピック サブゼロ」のディープぶりからは大きな変化だと思います。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積ですが、「GBBエピック サブゼロ」に比べると気持ち大きくなっていた感じでした。でも、「エピックフラッシュ スターと比較するとストレッチバックではなく丸型クラウンですね。

今回試打したのは、オリジナルシャフト「ツアーAD SZ」Sフレックス装着モデル。スペックはロフト角10.5度、ライ角56度、長さ45.25インチ、総重量310g、バランスD4。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量53g、トルク5.9、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚は、重量のわりには意外と軽く感じました。グリップもいい感じの太さでした。シャフトを手でしならせてみると、先日紹介した「同スター」に比較するとしっかり感がりました。しなりポイントは中間でした。見た目的にも手元の太さを感じましたね。ワッグルしてみると、バランスの影響かヘッドの動きがやや大きめなイメージもありました。素振りしてみるとしなり感はニュートラルなイメージですが、ヘッド重量が重いのか、なんか振り遅れそうなイメージはありました。

実際に打ってみると、惨敗した「GBBエピック サブゼロ」に比較すれば、ボクでも打てそうな印象はありました。でも、オリジナルシャフトモデルでもかなりハードに感じました。でも球はしっかり上がります。むしろ「エピックフラッシュ スター」よりも上がりやすいイメージでしたが、出球は別モノですね。かなりスピン量が少なめで、もうドロップするんじゃないかと心配するほどの弾道でした。打音ですが、サブゼロは意外と気になりませんでした。打音自体、「エピックフラッシュ スター」のようなキンキンした感じがなく、むしろやや低めの落ち着いた感じでしたね。また、打感もよりマイルドに感じました。よりハードに感じた要因は、シャフトとのマッチングですかね。結構手元がしっかりしたイメージでその分振れますが、逆を言えば、〝振らなくてはならない〟ということ。そういう意味では、スイングでしっかり球をつかまえられる人向けにも感じました。まぁ、この辺はサブゼロたる所以かもしれませんね。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.2m/s、初速62.3m/s、打ち出し角16.2度、バックスピン量2157.1pm、サイドスピン-304.2rpm、飛距離244.2y
【ベスト】
HS42.2m/s、初速62.9m/s、打ち出し角15.1度、バックスピン量2253.6rpm、サイドスピン-193.6rpm、飛距離245.3y

打感は、よりマイルド系に近いソリッド系。ゴルフ体験主義では弾き感と柔らかさがいい感じの打感を「ソリッド系」としていますが、「エピックフラッシュ スター」よりは確実にマイルドです。音は前述通り、「エピックフラッシュ スター」のキンキンした感じはなく、むしろやや低めに感じましたが、一般的には中高音系かと思います。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこんな感じ。

弾道的には、文句なしの高弾道。意外でしたが「エピックフラッシュ スター」よりも、しっかり上がる感じでした。ですが、スピン量はより少なめ。かなりロースピンのイメージでした。

出球傾向ですが、これは「エピックフラッシュ スター」同様ボクのスイングでも、打ち出し方向に対してほぼストレートですね。ただし、プッシュアウト傾向が強かったです。って、いつもプッシュアウト気味ですけど・・・(汗) ヘッドがかなり効いているイメージで、その分いつもの感覚で打つと、よりプッシュアウトの傾向があったように思います。

シャフトフィーリングですが、「エピックフラッシュ スター」の「Speeder EVOLUTION for CW」に比べると同じSでもしっかり感がありますね。「Speeder EVOLUTION for CW」はしなり感を感じやすいシャフトに感じましたが、「ツアーAD SZ」は手元剛性がよりしっかりしていて、パキッとした感じでした。ヘッドが重めなので、切り返しでヘッド重量を感じながらスッとシャープに振れるイメージでしたが、ボクの場合、右手で叩くイメージだとプッシュアウト、それを嫌って右手首を返すと腐れフックという結果でした。

今回ボクが試打した限りで、このスペックで最低でもHS42m/sは欲しい感じですかね。「エピックフラッシュ スター」よりは確実にハード! しかも、この組み合わせだと、球のつかまりも今ひとつに感じました。間違いなく叩ける1本だと思いますが、おそらくヘッド自体つかまりをより抑えていると思うので、その分つかまる先中調子系のシャフトをあわせたほうが、ボクには合いそうな気配でした。フッカーには若干ピーキーな組み合わせだったようにも感じましたね。ではどんな人がいいのか? 間違いなく自分で球をつかまえられるタイプで、あおり打ち系ではない人にいいでしょうね。「GBBエピック サブゼロ」に比較すると格段に打ちやすくなっていると思いますが、それでもボクにはちょっとスピン量が少なすぎるイメージでした。

<キャロウェイ「エピックフラッシュ サブゼロ」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8.5▽上がりやすさ:9▽操作性:9▽構えやすさ:8.5▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=811チタン、トライアクシャル・カーボンクラウン、フェース=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「ツアーAD SZ」(S=53g、SR=51g/5.9/中調子)。「ツアーAD VR6」(S=65g/3.2/中調子)。「Speeder661 EVOLUTIONⅤ」(S=66g/3.7/先中調子)。
■価格:「ツアーAD SZ」装着モデル各1本7万7000円+税。「ツアーAD VR6」「Speeder661 EVOLUTIONⅤ」装着モデル各1本9万4000円+税。