どーもです。

今日はピン「G410」ハイブリッド(HB)を紹介しましょう。日本ではユーテリティの名称ですが、海外ではハイブリッドと呼ばれています。前作同様ウッド型の「HB」とアイアン型の「クロスオーバー」をラインアップしていますがまずはウッド型のHBから紹介しましょう。

まずは見た目から。

ヘッド形状ですが、先代とは別モノですね!! かなりトゥ側にボリュームがある形状に変更されていました。

フェースは小振り、かつディープです!! この見た目からは、かなりシビアさを感じてしまいますが・・・

ボディ形状ですが、かなりヒップダウンしていました。

後ろ姿です。フラットですね!

構えてみるとこんな感じ。先代に比較すると、ややトゥ側のボリュームが増え、後部にも伸びているように感じました。見た目では、先代よりも安心感は増していましたが、一般的なUTに比べると、若干見た目のシビアさを感じてしまうかもしれません。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ALTA J CB RED」Sフレックス装着モデルの4U。スペックは、ロフト角22度、ライ角59度、長さ39.75インチ、総重量346.1g、バランスC9.5。ヘッド体積未発表。シャフトスペックは、重量60g、トルク3.4、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、総重量的にはやや軽め。でもグリップがやはりいい感じの太さでした。シャフトを手でしならせてみると、1番のしなりポイントはちょうど真ん中あたりでした。ワッグルしてもちょうど真ん中あたりから動くイメージで、素振りしてみると、ヘッドバランスのせいかかなりシャープに振れるイメージでした。

実際に打ってみると、がっつり球が上がります。先代はイマイチ球が上がらないイメージもありましたが、ボク的には「G410」HBはその辺が進化しているかなと実感しました。また、弾道を見ても、先代の弾道イメージよりも強弾道でした。スカイトラックで先代とのスピン量を比較してみると、な、なんと3球平均で約1200rpmも減っていました!! まぁ、試打タイミングが全く違うので単純比較はできませんが、先代に比べると「G410」HBは確実のスピン量が減っているのは、実際に打てば感じられると思います。より「G」シリーズらしく〝扱いやすさ〟が強調されたモデルだと思います。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.6m/s、初速57.4m/s、打ち出し角16.3度、バックスピン量3323.4rpm、サイドスピン-831.1rpm、飛距離209.0y
【ベスト】
HS40.3m/s、初速58.6m/s、打ち出し角15.6度、バックスピン量3108.6rpm、サイドスピン-817.5rpm、飛距離219.1y

打感は、マイルドですね。フェース素材的には先代と変わっていません。音も前代同様、「チッ!!」とサスティンが短めで小気味の良い高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には文句なしの高弾道ですね。先代も〝高弾道〟と書いていましたが、先代よりもオートマチックに球が上がるイメージでした。そして何より、スピン量がかなり少なめ!! ロースピンでドーンと大きな弾道を味わえると思います。

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。つかまりはいい感じでした。この辺は、先代同様だと思います。

シャフトフィーリングですが、やはりSフレックスでもやや柔らかめなイメージでした。クセのないしなり感で、扱いやすそうな感じでした。FWで感じた手元のしっかり感が、なぜかなくなっていたようにも感じました。ヘッドバランスが軽めだからか、かなりシャープに振り切れる印象でした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメかな。基本性格的にはオートマチック系ですね。クラブがガッツリ仕事をしてくれるイメージで、ロースピンの大きな弾道を味わえるクラブだと思います。この組み合わせでは、つかまりがかなりいいイメージもあるので、持ち球的にはフェード系のほうが合いそうです。いわゆるヒッタータイプにはもうちょっとしっかりしたシャフトが必要かもしれませんが、HS43m/s未満であれば叩いても大丈夫かもしれません。まさに「G」シリーズらしいHBだと思います。

<ピン「G410」HB>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレススチール、フェース=マレージング綱C300
■ロフトバリエーション:2U=17度、3U=19度、4U=22度、5U=26度、6U=30度
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「ALTA J CB RED」(X=69g/2.9、S=60g/3.4/中調子、SR=55g/3.6/中先調子、R=50g/3.6/先調子)。「PING TOUR 173-85」(X=87g/2.2/手元調子、S=82g/2.3/中元調子、R=73g/2.8/中調子)。「PING FUBUKI」(R=43g/5.7/中調子)。スチールシャフト「AWT2.0LITE」(S=98g/1.6、SR=93g/1.8/中調子、R=87g/1.9/中先調子)。「NSPRO ZELOS 6」(68.5g/3.0/先調子)、「NSPRO ZELOS 7」(S=77.5g/2.6、R=74g/2.8/先調子)。「NSPRO950GH」(S=98g/1.9、R=94.5g/2.0/中調子)。「NSPRO MODUS3 TOUR105」(X=112g/1.6、S=106.5g/1.7、R=103g/1.9/元調子)、「NSPRO MODUS3 TOUR120」(X=120g/1.6、S=114g/1.7/中元調子)。「ダイナミックゴールド」(S200=129g/1.6/元調子)。
■価格:カーボンシャフト装着モデル各1本3万6000円+税。スチールシャフト装着モデル各1本3万2000円+税。
■発売予定日:2019年3月21日

<お知らせ>
スポーツインダストリーゴルフトラベルが「全米プロ観戦&リバティナショナルプレー」のツアーの参加者を募集しています。かなりのお値段ですが、リバティナショナルでのプレーはアメリカのセレブでもなかなかできないとのことです。しかも、日本人で予約できなるのは、なんと1人だけなんだとか! 主催しているスポーツインダストリーですが、社長さんはボクもよく知るプロゴルファーで、ツアー運営や専門誌の競技やコンペの企画運営を手がける会社です。貴重な体験をしてみてはいかかでしょうか!何はともあれ、こちらを1度ぜひのぞいてくださいな!