どーもです。

クリーブランドのウエッジ「RTX FフォージドⅡ」と「RTX4」を試打できました。「RTX4」の58度モデルはソールの削り方で4タイプがラインアップされています。今回、果敢にもこの4タイプも1本づつ紹介してみようと思います。ですが、まずは「RTX FフォージドⅡ」ウエッジから紹介します。ワイドソールでいかにも打ちやすそうなモデルですね。見た目通りなのか、さっそくレポしてみましょう。

まずは見た目から。

バックフェースですが、ソール後部トゥ側にボリュームがある感じですね。この辺は先代を踏襲していると思います。

フェースは、ミッドラージでした。形状的には先代同様で、なんか鯨っぽい形状ですよね!

ソールは、ワイドソール! 先代よりも幅が広くなっていました。V字ソールになっているのもわかりますよね。

ネックは、グースネックです。バックフェース下部にボリューム感があって、いかにもバンカーで打ちやすそうですな。

構えてみると、こんな感じ。最近増えつつあるグースネックウエッジでは、典型的な顔だと思います。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH」Sフレックス装着モデルの58度。スペックは、ロフト角58度、バンス角12度、ライ角64度、長さ35インチ、総重量449g、バランスD4。シャフトスペックは、重量96g、トルク2.0、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まずは持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップも気持ち細めでした。バランス通り、結構しっかりヘッド重量を感じるモデルですね。素振りしてみても、しっかりヘッドを感じながら振れるモデルでした。

まずはフルショットです。ボクの場合58度フルショットで80yイメージですが、距離的にはほぼイメージ通りでした。レンジで打つ分には若干バンスの跳ね間を感じましたが、実際に芝から打つ場合にはこのバンスが効果的でしょうし、バンカーでの効果も絶大でしょうね! グースネックで球も上がりやすく、まさに見た目通りにオートマチック系ウエッジのイメージでした。開いてロブショットとか、多才なアプローチを具現化するウエッジというよりも、構えたままショットすれば、あとはクラブが仕事をしてくれるといったイメージでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS26.1m/s、初速31.5m/s、打ち出し角32.3度、バックスピン量8381.0rpm、サイドスピン-1082.6rpm、飛距離81.6y

打感は、カッツリ系(笑) マイルド感でも、弾き感でもなく、カッツリした感じ。これはウエッジ特有だと思いますが、イメージ的には「弾き系」なんですけど、なんかそれとはまた違った感覚で、「カツッ!!」という感じでした。音も。「カツッ!!」っというやや高めですが、なんかいかにもスピンが効いていそうなウエッジ特有の音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

続いて50yイメージですが、スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS24.1m/s、初速23.6m/s、打ち出し角32.1度、バックスピン量6975.3rpm、サイドスピン-382.2rpm、飛距離51.6y

最後に15yイメージですが、スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS12.8m/s、初速12.5m/s、打ち出し角30.1度、バックスピン量3349.4rpm、サイドスピン-237.6rpm、飛距離15.3y

もはや書く必要もないかとも思いますが、50yはボクがもっとも苦手とする距離です(汗) その距離でこの結果は、グースネックの影響なのでしょうか? 15yでも弾道がそろっていますし、やはりグースネックにはラインの出しやすさがあるのかもしれませんね・・・。それと、スピン量がいい感じ! フルショットでは58度のわりには思ったほどではなく、ちゃんと当たった感じ(ダフッた感覚ではなくて)でも8000rpm台でしたが、50yで6000rpm台と安定していました!

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS42~43m/sあたりにオススメですね。見た目通り打ちやすさを追求したモデルだと思います。最近グースネックモデルのウエッジが増えつつあるように感じていますが、グースネックモデルのメリットはやはりラインの出しやすさとオートマチックに球が上がりやすいところでしょうね。このウエッジもグースネックの優位性をしっかり享受できるモデルだと思います。グリーン周りでできるだけ簡単に打ちたい人にオススメしたいモデルでした。

<クリーブランド「RTX FフォージドⅡ」ウエッジ>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽スピン性能:9.5▽操作性:7▽抜けの良さ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:軟鉄(S20C)
■ロフトバリエーション(バンス角):48度(10度)、50度(12度)、52度(12度)、56度(14度)、58度(12度)、60度(12度)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO950GH」(S=96g/2.0/中調子)。カーボンシャフト「Miyazaki WG-60Ⅱ」(WEDGE=56g/3.8/中調子)。
■価格:スチールシャフト装着モデル各1本1万8000円+税、カーボンシャフト装着モデル各1本2万+税。